スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「手紙」

通勤途中に読む本が欲しく
たまにはミステリーでもと思って
前から気になっていた東野圭吾を古本屋で購入。
急いでいたので内容はよく調べず、直木賞候補だったの文字から
まあ代表作の一つなんだろうなと購入。
読んでみたら、弟の学費を稼ぐために兄貴が強盗殺人。
その後の弟の運命は。。。
という話であった。ミステリーじゃないじゃん(笑)

感想は凄い!読みやすいし深い。でも。。。
である。
(注・ここからかなりネタバレあります。この本に興味があるかたは読書後お読みください)

でも①東野圭吾は基本的に
「犯罪者の家族は運命を受け入れ差別を受けなければならない。それも犯罪者の罰の一部なんだから。」
のスタンスの人のようだ。
文面からは「たとえ才能があろうとも表に出てはならない。被害者が傷付くから。」と受け取れる。
東野圭吾は、読書にそれほど熱心ではない僕でも知ってる売れてる作家だ。
その彼の例えば兄弟が犯罪に手を染めたらペンを折るのも
考えなければいけないとも取れる論調である。

でも②途中に主人公はバーテンのバイト中に
女友達に錠剤を混ぜたジュースを飲ませる。
そして、その彼女は客の親父にお持ち帰りされる。
客が主人公に手渡した5000円と引換えに。
その後、その彼女と主人公は深い仲になるが
主人公はそのことは一切無視して平気で付き合ってる。

でも③もし犯罪者の家族が就職でも差別をうけなければならないのなら
仮に主人公が女性だったとして
途中に出て来る自己破産した親の娘のように
風俗に売ると脅され(その娘は売られなかったが)
本当に風俗に売られたとしても
この論調を曲げずにすんだか?
これほどの支持を集めたか?

勿論、これは小説であり論文ではないから
このことで、この作品の評価は落ちないけど
このことが、でも。。という読書感を
与えてしまっているような気がします。

ただ、こういう人が目を背けがちなとこに
正面から向いあい、ハイクォリティーの作品を書き切ったのは
素直に称賛に値すると思いますし
作者の誤魔化すことが優しさじゃない
というスタンスも好きです。

「イマジン」みたいな世界が来る日があれば。。。。
いいんですけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

snep

  • Author:snep
  • 30目前 牡
    前にアメブロにて
    音楽と馬の日々
    というブログをやっていました。
    上の写真はシルクネプチューンでricewshower62さん
    より頂きました。感謝。
    以前はシルクネプチューンの一口を持っていたようにシルクの会員でしたが先日退会。
    それに伴いH/Nもsilk-neptuneからsnepに改名。
    まだ、イマイチしっくりこないので更に改名するかも。
    一応『冬競馬1万円節約馬券 2006』優勝者
    にして
    『夏競馬1万円節約馬券 2006』最下位
    という連勝・連敗型のムラ予想。

    当ブログでは
    明らかに広告目的のコメント、
    嫌がらせのコメント、
    他人を著しく不愉快にさせる
    コメントは削除させて
    頂いてます。
    あしからず。

最近の記事

最近のコメント

POG

現在、熟をさん主催のPOG参加中。指名馬はこちら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ペット飼い始めました。 押すとなんか喋るみたいです。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。